あっという間に2024年/やりたいことリスト100

あけましておめでとうございます。
昨年は、転職を決意して約2年弱務めた職場をやめて、12月は有給消化でほぼ1ヶ月お休みをいただきました。
就職してからこんなにお休みできたのは初めて。
その期間に念願だったヨーロッパ(フランス・ドイツ)旅行にひとりで行くことができて、ほんとうに良い経験ができました。
休みすぎて社会復帰ができるか不安でしかありませんが…。

旅行のお話は少し置いておいて、心新たに1年を迎えるためにずっとやってみたかった「やりたいことリスト100」を挙げてみました。
少し恥ずかしいですが、実例と共にご紹介したいと思います。

目標は立てない

新年のスタートは目標を立てることが通例のようになっている気がします。
私も今までは目標を何個か立てていましたが、その目標が自分を苦しめる原因になってしまうこともありました。
目標を達成できたら自分を褒めるべきですが、達成できることが当たり前だと考えてしまって、達成できなかったことに焦点を当ててしまいがち。
「今年もできなかった」、「自分の立てた目標も達成できないのか」と自分を責めてしまう要因になっていました。
自己啓発本なんかを読んでも「目標は人に言うことで達成に近づく」なんて言葉を目にすることがありますが、目標を立てることが自分を苦しめるなら立てなくていいじゃないか、と考えを変えてみることにしたのです。
今年は自分をゆるめて、大切にすること、好きになることを基本に生きていきたいと思っています。

やりたことリスト100の作り方

目標を立てることは苦痛だけれど、やりたいことはたくさんある。
ただ「今年やりたいこと」として、期間を1年間に限定してしまうと、またできなかったことに焦点を当ててしまいそうなので、もうすぐ30歳になることも踏まえて「30代にやりたいこと」として期間を長く設けてみることにしました。

大項目を考える

漠然と100個挙げていくのが難しいように感じたので、大項目と小項目に分けて、各10個で考えることにしました。

まずは大項目。

  1. 海外旅行
  2. 国内旅行
  3. 親孝行
  4. お金
  5. 趣味
  6. 健康
  7. 自己投資
  8. 交際
  9. 経験
  10. その他

とにかく元気で体力があるうちに旅行にたくさん行きたいので、国内と海外で分けました。
それぞれ年に1回くらいは行けるようにしたいな~なんて考えています。

そして30歳を目前によく考えるようになったことは、親孝行について。
今年、父親が還暦を迎えて長年勤めた会社を辞める予定です。
今は実家に1時間程度で帰れる距離ですが、両親は父親の実家の方に戻る予定なので、会う機会もどんどん少なくなっていくと思います。
親に対しては嫌だと思うこともたくさんあるけれど、それ以上に感謝の気持ちも大きいです。
いつもは素直になれないし、プレゼントなんてほとんどあげたこともない。
連絡も億劫でほとんどしない。
こんな対応を続けていたら、そんなに遠くない未来で必ず後悔する日がやって来てしまうと思うのです。
「あの時にこうしていたら」なんて思って余生を過ごしたくないので、そう思っているその日から少しずつ自分を変えていきたい。

お金と自己投資は少しかぶる部分もあるのですが、お金は節約だったり、貯金だったり、給料に関してのこと。
自己投資はそれで発生したお金を勉強であったり、自分を成長させるための自分への投資。
旅行だったり、趣味なんかも自己投資と言えばそうなのですが、自己投資は勉強に絞ってリスト化しました。

交際は人間関係。
人間の悩みは人間関係がすべてなんて言われますが、まさにその通りだと思います。
他人が居なければ比較することもないし、傷つくこともない。
人間関係がうまくいくことが人生のすべてだとも思えてしまいます。
新しい職場での人間関係は行ってみないとわからない。
「嫌なら辞めればいい」くらいの気持ちではいますが、第一印象が良ければ良い関係性を築きやすいようにも思うので、人間関係を円滑にするためにも大切にしたいマインドなども挙げてみることにしました。

経験は旅行にも通じますが、明確ではないけれどやってみたい体験、行きたい場所をまとめます。
やったことはないけれど、やってみたい・行きたいと思っているものは誰にでもあると思います。
その気持ちが薄れてしまう前に、できなくなってから後悔する前に、経験しておきたい。
経験してみて嫌な思い出になる場合もあるかもしれないけれど、それもひとつの良い経験。
自分に合わないものが分かることも大事なこと。
やってみなければわからないから、やってみたいのです。

その他は上記項目に当てはまらないものだったり、10個に納めきれなかった欲しいものだったり、こういう生活をしたいと思っていることを挙げました。

やりたいことリスト100の例

やりたいことリストをまとめられるサイトもあるみたいですが、私はエクセルに箇条書きでまとめました。
その方が自分仕様にカスタマイズできるし、記録がしやすいと思ったので。

海外旅行

ただひたすらに行ってみたい国を挙げただけです。笑

  1. ハワイ
  2. グアム
  3. オーストラリア
  4. タイ
  5. 北欧
  6. ニューヨーク
  7. トルコ
  8. エジプト
  9. 台湾
  10. スペイン
  11. ウユニ塩湖

10個におさまらなくてまさかの11個。笑
むしろ挙げ出したらキリがないので、これでもどうにかおさめた感じです。
異文化に触れたり、絶景を見たり、観劇したり、のんびり過ごしたり。
日本では感じられないものを感じ取りたい。
それが将来何の役に立つかはよくわからないけれど、経験という自分の財産として持っておきたいのです。

国内旅行

  1. 屋久杉を見る
  2. 富士山に登る
  3. 金沢
  4. 草津で湯もみする
  5. なばなの里(三重)
  6. 高千穂峡(宮崎)
  7. 白川郷の雪景色
  8. 熊野古道
  9. 奥入瀬渓流(青森)

海外旅行が11個になってしまったので、国内は9個におさめました。
具体的にその場所でしたいことが決まっているものもあれば、とにかく行ってみたくて挙げたものもあります。
特に屋久杉と富士山は年齢を重ねていくにつれて、行けなくなってきそうだな、と。
体力が必要だし、自分もいつまで元気かわからない。
行ける身体のうちに行っておきたい。
ラインナップを見てわかる通り、とにかく自然に癒されたいのだと思います。

親孝行

  1. 旅行に連れて行く
  2. ごはんに連れて行く
  3. 1年に1回は実家に帰る
  4. 感謝の気持ちを伝える
  5. 素直になって連絡・話をする
  6. 手作りのプレゼントをあげる
  7. 記念日にちゃんと連絡する
  8. 遺伝子検査を受けてもらう
  9. 還暦のお祝いをする
  10. アメリカ旅行で英語通訳をする

なかなかできていないけれど、すごく重要だと実感するようになった親孝行。
今できているのは1年に1回は実家に帰っていることくらいかな。
とにかく30代は自分にも相手にも素直に生きていきたい。
まずは身近な家族に、素直な自分をさらけ出していきたいと思っています。

8の遺伝子検査は自分が今興味があるってだけなんだけれど、将来的になりやすい病気だったり、身体の傾向が分かると長生きにも繋がるのかな~なんて思ったり。
最近よく思うのは、自分はともかく家族が健康で過ごしてほしいということ。
子供が元気なことが1番の親孝行なんて言うけれど、私の場合は自分はいつ死んでも良いと思っていて、むしろ家族に長生きしてほしいのです。
仕事柄、病気になっても頑張って生きている人とよく交流するのですが、ほんとうに素晴らしいと思います。
どうしたらそんなに強く生きられるのかと、いつも感心してしまいます。
私は弱い人間なので、病気を抱えてまで生きたいと思えなくて、治療なんかせず諦めて、残りの人生をどう生きるかを考えてしまうと思います。
それはおそらく自分に子供がいないことも大きいと思いますが、今現在の正直な私の気持ちはこれ。
私が過食嘔吐していることに通づるものがあるように感じるのですが、両親もたくさん食べます。
嘔吐することはありませんが、心配になるくらい食べていることがあります。
おそらくストレスの捌け口が食になりやすい家系なのだと思います。
どんな家系やねんって感じですが。笑
親に長生きしてもらうためにも、健康に関して私ができることはしてあげたい。

お金

  1. 副業で月5万円以上稼ぐ
  2. 積み立てNISAを続ける
  3. 赤字の月を作らない
  4. 30代だけで500万円以上の貯金をする
  5. 楽天ROOMのフォロワー5000人超え
  6. インスタグラムのフォロワー3000人超え
  7. Xのフォロワー500人超え
  8. 衝動買いしない(しばらく寝かせて考える)
  9. ハンドメイド作品を売る
  10. 本を出版する

生々しい話ではありますが、赤裸々に載せてみます。笑
社会人になってから、過食嘔吐のおかげでほぼ食費にお金を費やして来ました。
ほぼほぼ赤字の月で、学生の頃の貯金を切り崩しながら生活してきました。
その貯金も底が見えてきて、今更ですが焦りが出ている状況。
前よりも給料の良い職場に転職したこともそうですが、それ以上に節約して、稼ぐ手段を見つける必要があるように感じています。
SNSのフォロワーに関しては、お金とあまり関係ないですが、良くも悪くも自分のことを知ってもらうきっかけが増えることは、副業にも良い影響を与えるように思うのです。

本の出版に関してはほんとうに漠然とですが、自分の発信していることがいつか紙になって本屋に並んでいたら嬉しいな~なんて思ったりします。
どんな本を出したいとか、そんなものも何も全く考えていないんですけどね。笑
そんな漠然としたものも、目標には挙げづらいけれど、やってみたいことリストには入れて良いと思えたのです。

趣味

  1. ピアノを再開する
  2. 刺繍で季節のタペストリーを作る
  3. バドミントンを続ける
  4. 棒針編みをできるようになる
  5. レース編みをする
  6. 絵を描いて飾る
  7. 陶芸をする
  8. ブログを週1以上更新する
  9. 1年ものの味噌を作る
  10. おやつBOXを定期的にプレゼントする

過食嘔吐が続いていることは、食事以外の楽しみが少ないことも原因だと思っています。
元々趣味は多い方だったし、特に物作りは大好き。
昔は絵を描いてインターネット上にUPしていたし、美術の時間も大好きでした。
ピアノも習っていて、合唱コンクールの伴奏をしたこともありました。
母が器用なので、編み物や裁縫、お菓子作りを教えてくれました。
好きなことはたくさんあるはずなのに、社会人になってからは忙しさを理由に距離を置くようになってしまっていました。
息抜きといえば食事をするか、動画をだらだら見続けるか。
この2つの組み合わせは抜群で、手を動かす作業をしないと、動画を見ながらだらだら食べ続けてしまうのです。
自分が好きだと思っているピアノ、編み物、裁縫、料理、運動、書くこと。
これらを再開して、息抜きできる手段をたくさん身に付けていきたいと思います。

健康

  1. 過食嘔吐を克服する
  2. 体重●㎏
  3. 朝活を続ける
  4. その日のうちに布団に入る
  5. 週5日以上は自炊する
  6. 週2日以上運動する
  7. 自分を好きになる
  8. 縛りを作りすぎない(ゆるめる)
  9. ストレッチで柔軟性を保つ
  10. デジタルデトックス(動画を見過ぎない)

家族の健康を願うことと同時に、自分も生きている限りは健康に過ごしたい。
大声では言えませんが、死ぬ直前まで健康で、病気に苦しまずに老衰で死んでいくことが夢だったりします…。

そのためにまずは過食嘔吐の克服。
こう書いてしまうとまた「過食しちゃダメ」という意識の呪縛にとらわれそうで、リストに挙げるかどうか悩んだのですが、10年間という長い期間で設定しているので、気楽に考えられるような気がして挙げることにしました。
体重も同じ。
目標体重は前々から掲げているけれど達成されたことはない。
だけれど10年のうちに1回くらいならできるかもしれない。
それでもだめならしょうがない。
そう思えるような気がします。

やっぱり健康に大事なことは、食事と睡眠と適度な運動。
この3本柱ができてから、精神的な健康にも目を向けることができるようになると思います。
デジタルの世界から距離を置いて自分をゆるめる時間をしっかり確保していきたい。
そういう小さなできていることの積み重ねで、自分を好きになれたら嬉しいな。

自己投資

  1. オンライン英会話を続ける
  2. 英語日記を続ける
  3. 東洋医学を勉強する
  4. 英単語帳を10周以上する
  5. 毎月1冊以上本を読む
  6. 英語の本を10冊以上読む
  7. アーユルヴェーダを学ぶ
  8. 食・栄養の資格を取る
  9. TOEICを受ける
  10. 遺伝子検査を受ける

英語や健康に関する勉強、興味のある資格に関するものを挙げました。
英語は海外旅行の時に存分に楽しめるように勉強しておきたい。
そして両親と海外旅行に行けた時に英語通訳ができるようになっていたい。

学生時代は「何でもできること」が必要だと思っていて、広く浅く器用にこなすことに集中していたけれど、今は興味のあることに関して突き詰めたいと思うようになりました。
今までは自分の強みが分からなくて好きなことや興味のあることを人に話すこともためらっていたけれど、「私はこれが好き!」「これに興味がある!」って素直に言えるようになりたい。
自分を知ってもらうきっかけにもなるし、それが言えたら自分に自信が持てている・自分を好きでいられている証拠のように感じるのです。
自分の「好き」を突き詰めていく作業をしていきたいと思います。

交際

  1. 彼氏を作る
  2. 結婚する
  3. 好きな人とだけ交流する(断捨離)
  4. 感謝の気持ちを持って生活する
  5. 自分主体で物事を考えすぎない
  6. 相手に合わせ過ぎない
  7. 素直に自己表現できるようになる(好きなものの共有)
  8. 月1回はおいしいものを好きな人と食べに行く
  9. 笑顔で挨拶する
  10. 相手の良いところを探す

これから新しい出会いを求めることはなかなか難しいけれど、色々な人と交流してみたい気持ちはあります。
大人数の飲み会は苦手だし、なるべく自分は話さずに人の話を聞いていたい。
居心地の良い場所に居座ることも大切にしたいけれど、新しい場所にも出かけてみたい。
そんな相反する感情が常にあります。
正直結婚だけが幸せだとは思っていないんだけれど、30歳を目前にすると、結局世間からは「まだ結婚しないの?」、「いつ結婚するの?」という目を向けられているような気がしてしまいます。
「そんなの気にしなければいい」と言われてしまいそうですが、そうはいかないのです。
私は人の目を気にしてしまいます。
時代は変わっていると言えど、「大多数の人が結婚はするもの」という考えは持っているように感じてしまいます。
窮屈に感じてしまうことも多々あって、正直そこから脱却したいと思ってしまう。
ただ、誰でも良いから結婚したいとも思えない。
どうしていいやら分からず、同じコミュニティに居座っていたらこんな年齢になっていました。
難しい年ごろなのです。
これからは新しい場所に行くことは恐れずに、今までの自分が好きだと思える交流は大切にしていきたい。
相手に合わせなくても、ありのままの自分を好きでいてくれる人と一緒に居たい。
彼氏も友達も、そういう気楽な関係を築ける人との交流を続けていきたいと思っています。

経験

  1. オーロラを見る
  2. グランピングに行く
  3. 豪華客船に乗る
  4. キャンプで自然を感じる
  5. 劇団四季の観劇
  6. 陶器市に行く
  7. 岩盤浴に行く
  8. The Greatest Showmanを観る
  9. 寝台列車に乗る
  10. ダイビングをする

これまた旅行に通づるもので、明確に場所は決まっていないけれど、体験してみたいものたち。
深く調べきれていないし、詳しくは知らないけれど、なぜか興味のあるものたち。
しっかり調べて、計画を立てて、実行していきたい。
何をするにもお金はかかるから、結局節約はしないといけませんね。

その他

  1. 大きな観葉植物を買う
  2. 新しいiPhoneを買う
  3. 1LDKの家に住む
  4. エクステンションテーブルを買う
  5. 万年筆を買う
  6. 毎年ふるさと納税をする
  7. 有名な占い師に占ってもらう
  8. 定期的に断捨離する(物が増えすぎないように)
  9. サスティナブル・エシカルな生活を心掛ける
  10. 両利きになる

これはどこにも当てはまらなかった番外編。
とりあえず今欲しいもの、気になっているもの、大切にしたいものたちを挙げました。
今の気持ちなので30代を過ごしていく中で1番変化がありそうな項目。

10の両利きになるは、昔から左利きに謎の憧れがあって。笑
実は今、1年程前から食事は左手を使って食べるようにしています。
元々早食い傾向にあったので、ゆっくり食べるために始めましたが、結構きれいに食べられるようになりました。
スピードと正確性は右手には劣るけれど、わりと普通に食べられます。
また早食い傾向になって、左手を使う意味がなくなってしまいそうです。笑
学生の頃は左手での文字書きも練習したことがありましたが、早急に断念。
今はほぼ字を書く機会がなくなってしまったり、仕事中のメモは急いで書かなきゃいけないので左手を練習している場合じゃないのです。笑
マーカーで線を引く時だけ左手にしてみたりしています。
何のためかと聞かれると、特に理由はありません。笑
「やりたいことリスト」だからこそ、挙げることができました。

やりたいことリストを作ってみて

実は今までも何度かやりたいことリスト100を挙げようと試みてみたことはあったのですが、結局100も挙げきれずに断念していました。
それは1年という短い期間で区切っていたからだと思います。
短い期間で見ると「やってみたいけれど、これはできそうにないな」と思って省いてしまって、結局どれも1年以内にできないと諦めてしまっていました。
今回は30代という10年の期間を設けたことと、目標ではなくて、あくまでも「やってみたいこと」に焦点を当てて考えたことが自分には良かったのだと思います。
意外とすらすら100個挙がったので驚きました。
むしろもっと挙げられそうなくらい。笑

色々と考えているうちに、自分が今何を大切にしているのか、何に興味があるのか、を改めて知ることができました。
自分のことは自分にしかわからないけれど、その自分も気付いていないことがたくさんあるんだな~と。
1ヶ月に1回はこのリストを見返して、「やってみたこと」があれば、その日付を記録していきたいと思っています。
30代のうちに何ができるのか。
このリスト以外に新しくできることもあるかもしれない。
考えが変わることもあると思うので、リストに縛られすぎず、「こんなことを思っていたんだな~」と振り返ることができる材料として、残しておきたいと思います。

皆さんも新しい年を迎えた今、やりたいことを考えて、自分の今の気持ちを見つめる機会を持ってみてはいかがでしょうか。

こんな感じで今年もゆるゆる「今の自分」をさらけ出していきたいと思います。
言葉にするより文字にする方が得意なので、ブログの方が素直になれる気がしています。
素直な人間になる第一歩として、この場をお借りして、自分の気持ちをまずは文字にする練習をさせていただければと思っています。

昨年も見てくださった方、ほんとうにありがとうございました。
こんな私ですが、どうぞ今年もよろしくお願いいたします🌷

コメント

タイトルとURLをコピーしました